ハイライトカラーを入れるなら蒲田から10分の美容院≪アドア≫へ

2021/06/18 ブログ

【 目 次 】
◆ハイライトカラーとは?
◆メリットとデメリット
◆ハイライトカラー長持ちのコツ
◆色が落ちやすい・落ちにくいカラー


 

こんにちは!いつもお読み頂きありがとうございます。

 

前回のブログでは「縮毛矯正とストレートパーマの違い」についてご説明させて頂きましたが、今回は「手軽にオシャレが楽しめる≪ハイライトカラー≫」のご説明をさせて頂きます。


《前回のブログはコチラ》
 


◆ハイライトカラーとは?
髪の毛全体を染めるカラーとは違い、部分的にブリーチやカラーで染めることをハイライトカラーと言います。ベースカラーよりも暗い色を入れるローライトカラーの反対で、ベースカラーよりも明るい色を入れることがハイライトカラーです。

 

ハイライトカラーを入れることで全体的に立体感が出ますし、手軽にオシャレが楽しめるので非常におすすめなんです。

 

「普段のカラーに飽きちゃった・・・」
「髪のボリュームがなくて立体感がない」
「明るいカラーを入れたいけど全部は派手すぎるかな・・・」
「人と違った個性のあるカラーで手軽にオシャレしたい!」

 

など、様々なお悩みを解決することができる≪ハイライトカラー≫の為、最近では老若男女問わずとても人気なんです。

 


◆メリットとデメリット
まずはハイライトカラーのメリットからご紹介します。


▼動きや立体感がでる
ハイライト最大の魅力といえば、『立体感』です。


通常の単色カラーではどうしても全体のメリハリ感が出ませんが、ハイライトで細い明るい線を入れていくことによって、髪全体に陰影がつく為、『立体感』が生まれるのです。

 

何をせずとも視覚的に立体感を出してくれるので、『ヘアセットも手軽』という点も非常に魅力的です。

 


▼カラーでの髪の痛みが少ない
ブリーチの経験がある方ならご存知かと思いますが、ブリーチを行うと髪が痛んでしまいます。

 

ハイライトの場合ですと、全体的に入れるとしても染める個所の割合は50%ほどになる為、染める部分が少ない=ダメージも少なくなります。

 

ダメージを抑えつつ明るいカラーでオシャレも楽しめるということです。「明るくしたいけど、髪のダメージが気になる」という方は是非ハイライトをチョイスしてみてください。

 


▼髪が伸びても根本が気にならない
カラーをした直後は全体が染まっていて綺麗ですが、日が経つにつれて根本が伸びてしまい「プリン状態」になってしまいます。

 

髪は平均でも1ヶ月に約1センチ伸びる為、根本が気になってしまう方ですと「3週間〜1ヶ月でまたカラー」なんてことも。

 

しかし、ハイライトカラーはまばらに細い線で明るく染めている為、髪が伸びてきてもプリン状態にならないので根本が気になりません。

 

《ご予約はコチラ》


次に、ハイライトカラーのデメリットをご紹介します。


▼ブリーチ部分だけ色抜けが早い
ブリーチを使用したカラーは「ナマモノ」と例えられるほどに、カラーの日持ちは長持ちさせることが難しく、日が経つにつれて色落ちしてしまいます。

 

後でもご説明させて頂きます「色が落ちやすいカラー」は特に色が定着しずらい為、色が落ちてしまう期間も早くなってしまいます。

 

また、ハイライトカラーでとても明るい色を入れる際にブリーチをかける場合は、通常のカラーと比べるとどうしても色落ちが早くなってしまいます。

 


▼通常のカラーに戻すのに時間がかかる
1度ハイライトを入れた場合、通常の単色カラーに戻すというのが難しくなります。

 

ハイライトカラーは全体カラーと違ってまばらに明るくしているので、ハイライトカラーを入れた部分のみまた暗くするというのはとても時間がかかってしまいます。

 

短期間でいろいろなカラーを楽しみたい方や、黒髪に戻さないといけない予定がある方の場合は、無難に単色で全体カラーのほうがいいでしょう。

 


▼施術者の腕次第でクオリティが異なる
ハイライトカラーは、カラー施術の中でも難易度が高くなります。その理由は、『毛束の細さ、カラーの色味、カラーの明るさ、入れる位置』によって、完成の印象は大きく変わってきます。

 

全体のバランスを踏まえた上で、お客様一人一人の『理想のヘアスタイル』へと仕上げていくことになります。

 

美容院≪アドア≫ではカットはもちろんですが、カラーにも非常に力を注いでおりますので、是非ご安心してご来店頂けましたらと思います。

 

《ご予約はコチラ》
 


◆ハイライトカラー長持ちのコツ
ハイライトカラーを入れた当日と翌日は特に、シャンプーを控えたほうが賢明です。なぜかと言いますと、カラーは色が髪に馴染むまでに24時間かかると言われているからです。

 

お湯で優しく流すだけでも汗や汚れは8割ほど落ちますので、当日と翌日は特にシャンプーを控えてお湯で流すといいでしょう。

 

普段アイロン使用するという方にとっては少々難しいかもしれませんが、髪は元々熱に弱く熱は色落ちを早めてしまう原因の一つとなりますので、アイロンの使用も控えた方が良いでしょう。

 

セットの際にスタイリング剤だけではどうしても決まらないという方は、アイロンの温度を≪120度~160度≫の低めに設定して行うことをおすすめします。

 

また、色落ちを前提にあらかじめ濃く染めてもらうというのも、『カラーを楽しむ期間を長持ちさせる手段の一つ』となります。

 

希望のカラーよりも暗めに色を入れることで、徐々に希望のカラーへ近づいてくる色落ちの途中経過も楽しめるのでおすすめです。

 

通常のカラーと同様に、トリートメントを活用して保湿をしっかりとすることで理想のカラーが長持ちしますので、日常的にこまめなケアを心がけていきましょう。

 


◆色が落ちやすい・落ちにくいカラー
ヘアカラーの中でも「落ちやすい色」と「落ちにくい色」があります。

 

【落ちしやすい色】
・アッシュ系
・マット系
・ピンク・レッド系

 

髪の色を決める色素の分子には大きさがあり、抜けやすい色は「色素の分子が大きく、毛髪内部に浸透しにくい」為、発色は早いですが色が落ちやすいんです。

 

レッドなどのビビットカラーやアッシュは、精細で視覚的にも色が抜けたと感じやすい色なので、同系統の色味で染めることで、色を長持ちさせるといった工夫をする方もいらっしゃいます。

 

【落ちにくい色】
・ブラウン系
・バイオレット系

 

色落ちしやすい色とは反対に、色素の分子が小さい色は色落ちしにくいです。

 

毛髪奥部まで浸透する為、発色には時間がかかりますが色がしっかりと定着します。持ちが良いカラーの代表は赤みの入ったブラウンや暗めのブラウンなどです。

 

《当店メニューはコチラ》

 


今回は「手軽にオシャレが楽しめる≪ハイライトカラー≫」についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたか?

 

「明るいトーンのカラーを入れてみたいけど全体だと派手過ぎて迷ってる」という方は、派手過ぎず手軽にオシャレが楽しめるハイライトカラーを試してみることをおすすめします!

 

次回は「暑い夏におすすめ≪ボブスタイル≫」のご説明をさせて頂きますので、是非ご覧頂けましたらと思います。

 


◆感染拡大防止対策も実施
当店では店内のアルコール除菌やマスク入れのご用意、施術中スタッフのマスクやフェイスシールド着用を徹底しております。

 

また、当店は完全予約制となりますので、店内が密になる事はありません。

 

スタイリストの指名も可能となりますので、ご予約いただく際にご希望の担当者をお選び頂けましたらと思います。


《当店のスタッフ詳細はコチラ》


現在は3人のスタッフでアットホームな美容院となっております。
コロナの感染拡大防止対策を行っておりますので、ご安心してご来店頂けましたらと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【店名】
アドア ADOR 美容院
【営業時間】
完全予約制
10:00~19:00
【定休日】
毎週 火曜日
【お問い合わせ】
03-5754-3466
【アクセス】
大田区 東急池上線
御嶽山駅≪徒歩1分≫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
臨時休業の場合は、ブログやホームページなどにアップしますのでご参考にして頂けましたら幸いです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆