夏の頭皮・髪ダメージのご相談は御嶽山駅から徒歩1分の美容院≪アドア≫へ

2021/07/26 ブログ

【 目 次 】
◆夏のダメージ①「紫外線」
◆夏のダメージ②「汗」
◆夏のダメージ③「水」
◆夏のダメージ④「冷房」


 

こんにちは!いつもお読み頂きありがとうございます。

 

前回のブログでは「夏はヘアカットでイメージチェンジ」についてご説明させて頂きましたが、今回は「夏のケアで秋の抜け毛を予防しましょう」のご説明をさせて頂きます。


《前回のブログはコチラ》
 


◆夏のダメージ①「紫外線」
夏場の主なダメージで、一番ご注意頂きたいのが「紫外線」です。過去にもご説明させて頂きました通り、「髪や頭皮も日焼けする」というのはご存じ頂いているかと思います。

 

人の体には『メラニン』という色素があり、紫外線を吸収してダメージ予防をしてくれる働きをしてくれるのですが、髪の表面にはメラニンが存在していない為、紫外線の影響をダイレクトに受けてしまい「表面のキューティクルが損傷」してしまうのです。

 

そのため紫外線をたっぷり浴びてしまうと、髪や頭皮が日焼けしてしまい「髪がパサつく」や「ツヤの低下」、「ヘアカラーの色落ち」など、様々なトラブルを引き起こしてしまうので、肌と一緒に髪や頭皮のUVケアを忘れずにやっていきましょう!

 

・日傘や帽子で直接浴びないようにする
・髪専用の日焼け止めスプレーを使用
・トリートメントや保湿剤でケア


美容院≪アドア≫では、実際にお店で使用しているシャンプーやトリートメントなどをお取り扱いしておりますので、ご購入をご希望の際はご気軽にお声かけ下さい。

 

《ご予約はコチラ》
 


◆夏のダメージ②「汗」
頭皮は全身で「汗腺」や「皮脂腺」が1番多い場所です。汗をかいた後そのままにしていると、「臭い」や「かゆみ」の原因になります。

 

更に汗や皮脂が酸化して毛穴に詰まってしまうと、頭皮環境のバランスも崩れていき「髪のゴワゴワ」や「抜け毛」の原因にもなってしまいます。

 

汗・皮脂ダメージから頭皮を守るために、まずはシャンプーから見直してみましょう。

 

汗や皮脂、汚れが頭皮の毛穴に詰まらないように「洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ」と洗ってしまいがちですが、洗浄力の強いシャンプーは頭皮や髪の油分を必要以上に取り除いてしまうので「乾燥」の原因に。乾燥は逆に皮脂の分泌量が増えてしまいます。

 

また、「ゴシゴシと強く洗う」という行為は「頭皮を傷つける原因」となってしまいます。シャンプーをする際は『指の腹で優しくマッサージをするように』洗いましょう。

 

シャンプー前にシャワーで予洗いをすることで、7~8割の汚れを落とすことができるので、シャンプーの泡立ちも良くなり『頭全体に満遍なく泡が行き渡る』ようになります。

 

シャンプー後のヘアドライも重要なので意識をしてみてください。頭皮を濡れたまま放置してしまうと髪の根元が蒸れてしまい、常在菌が過剰に繁殖して「フケやかゆみの原因」となってしまいます。

 

更に濡れたままの髪は「キューティクルが開いている」状態の為、非常にダメージを受けやすいんです。

 

洗髪後は『タオルドライで優しく水気を取り、ドライヤーで頭皮から乾かす』ことを心がけましょう。ドライヤーの最後に冷風で頭全体を冷ますことで、蒸れ防止や熱によるダメージの低下にもなるのでおすすめです。


頭皮環境や毛穴の詰まりが気になった場合は、美容院≪アドア≫のヘッドスパがおすすめです!ヘッドスパの前後で『マイクロスコープを使用した頭皮診断』も行う為、お客様ご自身の目で頭皮環境の確認を行うことが可能となっておりますので、是非ヘッドスパをご活用ください。

 

《当店メニューはコチラ》
 


◆夏のダメージ③「水」
現在はコロナウイルスの影響でなかなか機会ありませんが、海やプールなどのレジャーも夏の楽しみですよね。ここでご注意頂きたいのが「水」によるダメージです。

 

海やプールへ行った帰り「髪がギシギシになってしまう」という経験があるのではないでしょうか。実は、塩分を多く含む海水や、消毒成分が入ったプールの水は「髪が傷む原因」になるんです。

 

水で濡れた髪はキューティクルが開いているので「ダメージを受けやすい状態」な上に、塩分や消毒成分を含んだ海やプールへ入った後に放置してしまうと、一気に髪がパサパサになったり傷んでしまいます。

 

海やプールで遊んだ後は、下記のようなダメージ対策がおすすめです。

 

・真水でしっかりと洗い流す
海やプールから出た後に、そのまま髪を乾かしてしまうのはNG。真水でしっかりと塩分や消毒成分を洗い流しましょう。髪はもちろんですが、頭皮までしっかりと洗い流すことがポイントです。

 

・シャンプーで髪と頭皮を丁寧に洗う
海やプールで遊んだ後は髪の毛が非常に絡みやすい為、シャンプーをしっかりできないことが多いです。絡まってしまった状態でシャンプーをしてしまうと、満遍なく洗えなかったり髪がちぎれてしまう可能性がある為、絡まってしまった場合は『クシなどで毛先から優しく』ほぐしていきましょう。

 

・補修成分が配合されたトリートメントを使用
海やプールの後に使うトリートメントは、『ダメージ補修成分を多く配合されたもの』を使用するのがおすすめです。ダメージ補修成分が配合されたトリートメントは『開いてしまったキューティクルを整えてくれる働き』をしてくれるので、海やプールなどのダメージを最小限に抑えることが可能となります。ドライヤーの前に『洗い流さないトリートメント』をプラスすることで、更にダメージを軽減させることが可能となります。

 


◆夏のダメージ④「冷房」
夏場は基本的に湿度が低くい中で冷房を入れている状況が多く、乾燥の原因となります。
空気が乾燥している状態で冷房の風に当たり続けてしまうと、髪や頭皮の水分が奪われ乾燥し「パサつき」の原因になってしまいます。

 

冷房にあたる時間が長い環境で過ごす場合は『オイルなどのスタイリング剤』で、あらかじめ髪の毛をコーティングしておくと良いでしょう。


オイルタイプのトリートメントやスタイリング剤は、髪の毛の水分を内側に閉じ込めてくれる為、保湿にはとてもぴったりのアイテムなので、髪表面をコーティングして髪の乾燥を防いでくれます。

 

普段ミルクタイプのスタイリング剤を使用している方も、自身が長時間いる環境に合わせてオイルタイプのスタイリング剤を選んでみることで、美しく健やかな髪を保つことが可能となりますので、是非試してみてくださいね。

 

オイルタイプのトリートメントやスタイリング剤は、乾燥しやすい毛先を中心になじませていくと良い感じに仕上がります。

 


美容院≪アドア≫ではオイルタイプのトリートメントもお取り扱いしております。「時間がなくてカットやカラーの予約ついでにはちょっと…」という方は、下記ページの電話番号からご希望の商品をお伝え頂けましたら在庫の確保をさせて頂きますので、ご気軽にお問合せ下さい。

 

《お問い合わせはコチラ》
 

 

今回は「夏のケアで秋の抜け毛を予防しましょう」についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたか?

 

原因別でヘアケアを行い夏のダメージを抑えることで、秋の抜け毛量も減らすことが可能となりますので、是非意識してみて頂ければと思います。

 

次回は「2021年夏のトレンドカラー」のご紹介をさせて頂きますので、是非ご覧頂けましたらと思います。

 


◆感染拡大防止対策も実施
当店では店内のアルコール除菌やマスク入れのご用意、施術中スタッフのマスクやフェイスシールド着用を徹底しております。

 

また、当店は完全予約制となりますので、店内が密になる事はありません。スタイリストの指名も可能となりますので、ご予約いただく際にご希望の担当者をお選び頂けましたらと思います。


《当店のスタッフ詳細はコチラ》

現在は3人のスタッフでアットホームな美容院となっております。コロナの感染拡大防止対策を行っておりますので、ご安心してご来店頂けましたらと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【店名】
アドア ADOR 美容院
【営業時間】
完全予約制
10:00~19:00
【定休日】
毎週 火曜日
【お問い合わせ】
03-5754-3466
【アクセス】
大田区 東急池上線
御嶽山駅≪徒歩1分≫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
臨時休業の場合は、ブログやホームページなどにアップしますのでご参考にして頂けましたら幸いです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆