秋冬のストレス「静電気」対策するなら御嶽山から徒歩1分の美容院≪アドア≫

2021/09/14 ブログ

【 目 次 】
◆髪の静電気はなぜ起きるのか
◆静電気が髪の毛に及ぼす影響
◆静電気の対策


 

こんにちは!いつもお読み頂きありがとうございます。

 

前回のブログでは「秋を先取り!おすすめのスタイリング」についてご説明させて頂きましたが、今回は「秋冬のストレス「静電気」原因と対策」のご説明をさせて頂きます。


《前回のブログはコチラ》
 


◆髪の静電気はなぜ起きるのか
秋から冬にかけて発生しやすい静電気の原因をご存知でしょうか?結論からお伝えすると「髪の毛の水分が不足している」ことが原因と言われています。

 

日常的に使用するヘアアイロンやドライヤーによる熱のダメージや、ご自身で行うカラーリングやパーマなどのダメージのケアを行わずそのままにしてしまうと、キューティクルが剥がれてしまい「髪内部の水分が外へ逃げてしまう状態」となります。髪の毛内部の水分が減ってしまうと、髪の毛の静電気が非常に起きやすくなってしまうのです。

 

しかし、静電気が起きる原因は「髪のダメージ」だけでは御座いません。夏は冷房をつけるように、ほどんどの方は冬に暖房をつけているかと思います。暖房の温風に当たり続けるということは「低温のドライヤーに当たり続けている」のと同じで、キューティクルが剥がれていない髪でも水分が不足しがちになってしまうのです。

 

 

静電気だけではなく、ダメージヘアやくせ毛でお悩みの際は、美容院≪アドア≫でご気軽にご相談ください。

 

《ご予約はコチラ》
 


◆静電気が髪の毛に及ぼす影響
では、次に「静電気が髪の毛に及ぼす影響」についてご説明させて頂きます。

 

静電気について「バチっとなって痛い」、「髪の毛が顔などに張り付いて鬱陶しい」など、人それぞれ感じることは違うと思いますが、静電気は髪の毛自体にもダメージ与えてしまいます。

 

静電気が起きることで「髪表面のキューティクルがはがれやすく」なってしまいます。どういう意味かというと「ダメージヘアが進んでしまう」ということ。

 

キューティクルが剥がれてしまった部分からは、「髪内部のタンパク質や水分が流出」してしまい、「パサつき」や「ゴワつき」が出てきてしまいます。そうなると「髪がまとまらなかったり絡みやすくなる」原因にもつながってしまうのです。

 

健康な状態の髪の毛は、髪の内部に『約12~13%の水分が保持』されています。髪の毛は毛先へ近づくにつれてたんだんと水分が少なくなり、静電気が起きやすかったり絡みやすくなります。静電気や摩擦は「切れ毛」や「折れ毛」にも繋がってしまうので、髪の毛はさらなるダメージを受けてしまうのです。

 

また、静電気は髪の毛だけではなく「頭皮にも悪影響」を及ぼします。

 

乾燥により頭皮に帯電してしまうと、「チリ」や「ほこり」を寄せ付けてしまいます。多種多様の病原菌が付着しているチリやホコリが頭皮につくことで、頭皮のかゆみを引き起こしたり、乾燥やダメージを受けた頭皮の表面から内部へと「病原菌の侵入」を許してしまい、頭皮トラブルを引き起こしてしまうのです。

 


髪・頭皮についたチリやホコリの除去、髪の毛の保湿は美容院≪アドア≫の『ヘッドスパ』がおすすめ!施術の前後にマイクロスコープを使用した頭皮診断を行いますので、現在の頭皮環境やヘッドスパの効果をご自身の目でご確認頂けます。


《当店メニューはコチラ》
 


◆静電気の対策
最後に『秋のストレスとなる静電気の対策』についてご紹介させて頂きます。

 

・トリートメントで髪を保湿
→『トリートメントは髪に良い成分が入っている』というイメージが強く、『保湿効果もある』ということをご存知ない方も少なくはないかと思います。トリートメントは『ダメージヘアを補修するもの』や『髪のまとまりを良くするもの』、『くせ毛を改善するもの』など、様々な種類がありますが、『保湿効果のあるもの』もあるんです。

 

「髪がパサつくし、静電気が起きやすい」と感じた方は是非『保湿効果の高いトリートメント』をご使用頂けましたらと思います。髪をコーティングしてくれるオイルタイプの『洗い流さないトリートメント』も髪の保湿に効果的なので、髪をナチュラルにまとめたい時のスタイリング剤代わりとして活用するのも良いでしょう。

 

 

・使用するブラシを見直す
→普段使用するヘアブラシでも、使用するものによっては静電気を起こしやすくしてしまいます。

 

ポリエステルやプラスチック製のブラシは、静電気を引き起こす要因になってしまうので、木製や天然毛などのナチュラルなブラシ、また静電気の防止に特化したブラシなどに変えてみると良いでしょう。

 

 

・スタイリングの前に潤いを
→お部屋の乾燥対策をしていない状態で睡眠することで、部屋の乾燥に加えて枕や寝具での摩擦によって、寝起きは髪の毛が一番乾燥しているタイミングと言っても過言ではないでしょう。

 

そのままヘアアイロンなどを使用してスタイリングしてしまうと、更に髪の水分が逃げてしまい、パサパサやぺったんこな仕上がりになってしまいます。スタイリングの前は『ヘアミスト』や『ヘアオイル』を活用して、髪の毛に潤いを与えてから行うことで、良い仕上がりのまま一日を過ごせるでしょう。

 

 

・加湿器で部屋の乾燥を防止
髪の毛をしっかりと保湿していても、普段過ごす室内が乾燥しきってしまっている状態では、効果が半減してしまいます。秋から冬の乾燥しやすい時期は加湿器を使用して、室内の湿度をしっかりと確保すると良いでしょう。

 

 

・肌の保湿も忘れずに
髪だけではなく、肌の保湿も静電気にとっては重要なポイントです。髪の毛を手ぐしでとかした際に広がってしまうのは、髪やお肌が乾燥してしまっている証拠です。

 

せっかく保湿した髪も、乾燥した手で触れてしまったり、顔回りが乾燥してしまっていると、静電気を引き起こしてしまいます。秋から冬は髪の毛と一緒にお肌の保湿ケアも行っていきましょう。

 


美容院≪アドア≫では、『トリートメント』や『ヘッドスパ』など、髪の毛の保湿に特化したメニューも御座いますので、乾燥やパサつきなどにお困りの際は是非ご来店ください。

 

《ご予約はコチラ》

 


今回は「秋冬のストレス「静電気」原因と対策」についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたか?

 

秋から冬にかけてのストレスとなる静電気は保湿がポイント。お肌と髪の毛どちらも保湿ケアをして、静電気ストレスフリーな毎日を過ごして頂ければと思います。

 

次回は「夏の傷んだ髪の毛をバッサリ」のご説明をさせて頂きますので、是非ご覧頂けましたらと思います。

 


◆感染拡大防止対策も実施
当店では店内のアルコール除菌やマスク入れのご用意、施術中スタッフのマスクやフェイスシールド着用を徹底しております。

 

また、当店は完全予約制となりますので、店内が密になる事はありません。スタイリストの指名も可能となりますので、ご予約いただく際にご希望の担当者をお選び頂けましたらと思います。

 

《当店のスタッフ詳細はコチラ》
 

現在は3人のスタッフでアットホームな美容院となっております。コロナの感染拡大防止対策を行っておりますので、ご安心してご来店頂けましたらと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【店名】
アドア ADOR 美容院
【営業時間】
完全予約制
10:00~19:00
【定休日】
毎週 火曜日
【お問い合わせ】
03-5754-3466
【アクセス】
大田区 東急池上線
御嶽山駅≪徒歩1分≫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
臨時休業の場合は、ブログやホームページなどにアップしますのでご参考にして頂けましたら幸いです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆